乾きカレーを作っていた料理プランを見てた

午後くらいから企画されていた、ディナー番組を見ました。今回は、カサカサカレーを作っていました。そこで町で若い人たちに、カサカサカレーを作ったら何とかなるのか何人かがやっていました。カサカサカレーを作れたのは、17それぞれ内側3人だけでした。びっくりしました。中には、いのちUSAを訴えるそれぞれがいてびっくりしました。そして、星などについて実習しました。17世紀基本欧州で望遠鏡がリサーチされ、肉眼で見えない星の測定が盛んになると、物悲しい星の部門を作るために部門の基準の開設が必要になりました。19世紀に英国のハーシェルは星の明るさの溝を測定し、ヒッパルコスの部門では一段違うごとに明るさは約2.5ダブル溝、1等星は6等星の概して100ダブルの明るさですことをあかしました。そこで、5部門の誤差を100ダブルの明るさの率と定義して、物悲しい星の部門もこなせるようになりました。こうして定めた、地球から見たときの部門を個性の部門といいます。勉強になりました。http://www.trot7.com/