夏場、料理の作り置きの際はウェルシュ菌にご注意

夏になると、心配なのが食中毒です。

炊事前には手を消毒したり、食品を十分加熱したり、色々と気を遣います。

でも、消毒しても加熱しても生き残る菌が私たちの身近に存在しています。

その名は「ウェルシュ菌」です。

土壌にも野菜にもお肉にも、そして私たちの体内にも存在する菌で、これが大量に体内に入ると食中毒になる可能性があるのです。

ウェルシュ菌が増えやすいのは、カレーやシチューなど、とろみのついた料理です。

加熱調理した後に温度が下がってくる頃が、ウェルシュ菌が増えるタイミングです。

55度あたりで増え始め、45度くらいになると急速に増殖します。

厄介なのは、再び加熱しても死滅しないところです。

ウェルシュ菌は熱に強いため、100度で長時間熱しても生きているそうです。

そのため、食品を再加熱しても残っているウェルシュ菌の毒素によって、下痢や腹痛などが起きます。

では、食中毒を防ぐには、どうすればよいのでしょう。

料理は熱いうちに食べ切るのが1番ですが、余った食品は小分けにして急速に冷やしましょう。

例えば、大量に作ったカレーは、すぐに冷蔵庫に入れても奥まで冷えるためには時間がかかります。

この間に菌が増える可能性があるので、小分けにして冷凍してしまうのが最善です。

カレーを解凍して食べる時は、充分加熱し、加熱しても菌自体は死にませんが、菌が出す毒素の力を弱めることならできます。

このような方法でも、完全に食中毒を防げるとは言い切れません。

どんな料理も、一晩寝かせて食べるときには、充分注意しましょう。https://www.foosquare.com/datsumolabo-bui.html