いま読んだテキストについての感想【蛇にピアス/金原ひとみ】

いま、金原ひとみ様の「蛇にピアス」を読みました。こういう作は写真化もされ、知っている人も多いのではないでしょうか。
本質は大して苦しい口上は使われておらず、活字分かれの進んでいる若い人にも読んでもらえるような本質だ。
そして講話自身もヒーローの年代が若々しく、作の状況に入って赴き易いと思います。
舌にピアスを開けそのピアスを拡張して赴き、最終的には蛇のような舌、【スプリット・タン】にすることがヒーローですルイのターゲットだ。
ピアスを開けていく箇所、ルイの周りのコネクション。こういう2つが生々しさと素行をもってルイの運勢を翻弄していきます。
それほど馴染みのないピアスやタトゥーといったものがこういう作では至って一心に登場します。
幾らか暴力的叙述もありますが、こういう作を構成するにあたっては必要不可欠なものだと思います。
私は読破後者、者というものの愚かさと素行に触れた意欲で思う存分でした。
パーソナリティー染み渡るキャラたちが複雑に絡み合って出向く者印象は前方が読めずどうしても脈拍しました。
読破後者も更に読み直し、セリフ一つ一つの目的を噛みしめて赴きたく至るような、そういった作でした。http://www.rentmatch.co/jyunyu-belta.html