近視用の眼鏡についてと虹について勉強した

凹レンズなどについて育成をしました。近視事態眼鏡(凹レンズを実践)は、凹がないと像が網膜より前にできてしまいます。像を結ぶ所を遠ざけて、像が網膜にピッタリ移るようにします。次は、虹についてだ。雨上がりには、たくさんの水滴が浮かんでいます。日光が、水滴によって分かれて目に入ります。白くさい日光は、多くの色調の灯の群衆でヤツの瞳はそのなかの明かりしか見ることができません。灯がものに引っかかると灯の内はものに理解され、返照された灯が自体の色調となって我らの目に入ります。灯には、明かり以外にUVや赤外線などがあり、各種ものに利用されています。土砂降りが降った上には、たくさんの水滴が浮かんでいます。浮かんでいる水滴に日光があてはまると、ひとつひとつの水滴がプリズムの成果をして分かれ、その灯が目にはいることによって虹が見える。知らないことを知れたので、良かったです。キレイモ 脇