「マッサン」第二十四週の感想をつぶやいてみる

第24週「一念岩をも通す」

エリーかわいい! マッサンぼんくらかわいい!

悟がいい男になって帰ってきました。
でも、シベリアで生き地獄を見てきたのですさんでいました。
「未来が見えん人は、どうすりゃいいんですか?」といった悟の魂の叫びに対して、マッサンは何も言えませんでした。
未来が見えない人はどうしたらいいのか。 見えるまで待つしかないんですよね。 
見えない人は、肉体的精神的に疲れているか情報を持ってないかなので、疲れが癒えるか何かを知りたいと思えるようになるまで待つしかないんです。 そこまでちゃんと教えてくれる人が少ないから困っているのです。 なので、こういう全国の人が見られるドラマできちんとみせないといけないのですよね。 

すさんだ人たちに未来を見せるため、安くておいしい命の水(ウィスキー)を作るため、マッサンが奮起します。
俊兄が「エッセンス入れないかん」というのが、実は一馬が育てた大麦で作った原酒。
パパンが教えてくれた肝をつかむということ。
そのおかげで安くておいしい三級酒ができました。
迷ったら原点に返る、ですね。

マッサンの三級ウィスキーがやっとオール巨人さんに認められました。 おめでとう! パパンも喜んでくれたね。

次週は、ああいよいよ最終週ですね。 もうちょっとだけお付き合いのほどを。

おしまい!